フロアコーティングのメリットとデメリット

知っておいて欲しい!フロアコーティングのメリットとデメリット

 

 

高いお金を出してフロアコーティングを施工するメリットやデメリットは何ですか?
といった声が多いので、メリット・デメリットを含めて説明していきます。


メリット
耐薬品性があるので水分や薬品がしみ込まない

 

高い耐薬品性があるため、水やジュースをこぼしても大丈夫。
ペットを飼われていご家庭では心配なのがおしっこですがしてしまってもしみ込まないため大丈夫です。
更には汚れがつきにくいので、お掃除がとても楽になります。
これは忙しい主婦にとっては助かるメリットですね。

 

耐摩耗性が高い

 

フロアコーティング中もっとも高い耐摩耗性が、ペットのひっかき傷などからフローリングを守ります。

 

適度なグリップ性

 

ちょうどいい滑りやすさが、高齢者の足腰の負担を軽減してくれる。子供にも優しい。

 

耐熱性がある

 

熱に強いので、床暖房をしていても大丈夫。

 

デメリット
価格が高い

 

塗料の原料費や高度な技術力が必要なため、ワックスに比べると高いです。
この部分が一番引っかかってくるところだと思います。

 

光沢が出すぎる

 

窓からの日光や光の反射ですこし明るすぎと感じる人もおられます。
また、思っていたお部屋の明るさの雰囲気に違いを感じる方もいます。
この部分は個人差が出てきます。

 

ワックスとコーティングと両方経験した上で比較してみての体験談!!

 

ワックスがけ大変

今まではワックスとコーティングの違いが分からなかったのでずっと自分でワックスがけをしていました。

 

正直時間はかかるし、最初の頃は慣れるまでは難しく凄く面倒でした。
塗り直しのタイミングがくるとすごく憂うつになっていました。

 

ですので、思い切ってエコプロコートさんにUVコーティングを施工してもらいました。
保障は20年付きです。

 

コーティングは、ワックスに比べると費用は高いです。

 

ですがその分、長期間塗り直しの必要はありません。
そのため、いつまでも新築のような輝きが保て気分も良いです。

 

今になって思うのですが長い目で見たら価格は納得できるなと今になって思います。

 

 

私は、コーティングを行うにあたり比較サイトで活用してその中の数社からサンプルを請求して情報を取り入れました。
実際にそれをコインでこすったりして強度を確かめました。

 

一度自分の目で見て触ってみると分かりやすいかもしれません。

 

その方法が厳選8社から無料見積もり一括サイトです
 

フロアコーティング一括見積

 

 

 


ホーム