フロアコーティング 床暖房

フロアコーティングに床暖房を入れても大丈夫?

フローリングをキレイに保つことができるフロアコーティングですが、床暖房でも大丈夫なのでしょうか。

 

ここではフロアコーティングに床暖房を入れることが出来るのか、またフロアコーティングの種類についてもご紹介しましょう。

 

\\厳選8社を比較することでかなり安く施工できました//

 

 

床暖房を入れても大丈夫!?フロアコーティングと床暖房の相性について

 

熱源がフローリングの下に入っている床暖房を入れている家庭も多いですね。

 

他の暖房のように空気が汚れたりすることもなく部屋もスッキリとしたまま、冬もポカポカ快適に過ごすことができるのが床暖房の魅力ですね。

 

しかし、フローリングの下に熱源が入っているので、フローリングには大きなダメージがかかっています。

 

床表面には急激な劣化が見られないかも知れませんが、熱源に触れている裏側は急激に乾燥しダメージも大きいです。

 

次第にフローリングに亀裂が入るようになり、水分が侵入すればそこから腐敗してしまう可能性もあります。

 

床暖房によるダメージを少なくするためにもメンテナンスが必要になります。

 

通常のメンテナンスで用いられるのがワックスですが、床暖房の熱によりフローリングが変色する可能性があります。

 

床暖房のフローリングはメンテナンスが少し大変ですが、フロアコーティングが解決してくれます。

 

傷や衝撃にも強いフロアコーティングは、フローリングのメンテナンスを楽にしてくれるものですが、床暖房の熱までもさえぎってしまいそうですね。

 

しかし最近では、耐熱効果が高く床暖房の熱伝導を邪魔しないフロアコーティングがあります。

 

変色も起こらず床表面が保護されるので、裏側からの水分の蒸発も防止できフローリングの耐久性も高まります

 

 

フロアコーティングにはどんな種類があるの!?床暖房に最適なのは?

 

フロアコーティングは床暖房にもぴったりなのですが、フロアコーティングにはいくつかの種類があります。中には床暖房には適さない素材もあるので注意が必要です。

 

まず、1200度の耐熱性があるガラスコーティングがあります。

 

熱には全く問題がなく床暖房による乾燥や収縮なども予防できますし、ストーブなどの暖房器具を使っても劣化することはありません。

 

UVコーティングも200度の優れた耐熱性があり、どこのお部屋にも最適な素材です。

 

アクリルコーティングの耐熱性はおよそ150度ですが、具体的に記載されていないものが多いので、キッチンなどは避けた方が良いでしょう。

 

ウレタンコーティングの耐熱性は70度くらいです。

 

床暖房は大丈夫ですが、高温の油をこぼす可能性があるキッチンは避けた方が良いでしょう。

 

水生アクリルコーティングは、熱に弱いので床暖房にはおすすめできません。

 

床暖房自体の温度は約30度ですから、水生アクリルコーティング以外であればまず問題なく利用できますが、業者によっても差があるので事前にしっかりと確認してくださいね。

 

フロアコーティングは、床暖房との相性もばっちりです。床暖房による乾燥や収縮などの劣化を防いでくれるので、フローリングもグンと長持ちしますよ。

 

\\厳選8社を比較することでかなり安く施工できました//


ホーム