水回り(キッチン・お風呂)のコーティングは必要?

水回り(キッチン・お風呂)のコーティングは必要性があるの?

水回りのコーティングは必要でしょうか?

 

 

コーティングのイメージなどは主にフローリングとイメージする人が多いのではないのでしょうか?

 

 

 

しかし、後からやっておくべきだったと後悔することが多いのが水回りのコーティング。

 

お風呂コーティング 

 

 

キッチンやお風呂やトイレなどのコーティングも必要なのです。

 

水回りには、汚れや水垢、カビなどの発生があります。

 

こまめに掃除してもすぐ汚れてしまいますよね。

 

 

水回りはどうしても菌が繁殖しやすく綺麗に保つのは難しいのです。

 

掃除をしようとしても、綺麗になるには時間や労力がかかりますし隅々まではなかなか難しいと思います。

 

しかし、水回りのコーティングをすることにより、この様な悩みを解決してくれます。

 

汚れや水垢、カビなどを防止してくれますので、水回りのコーティングは必要だと思います。

 

 

水回りのコーティングの効果はどうなの?

 

 

汚れてからのお手入れは大変です。
入り込んでしまった水垢や汚れは簡単には取れません。

 

しかし水回りのコーティングをしておけば未然に防ぐことが出来ます。

 

ついた汚れも簡単に落とすことが出来るので衛生的ですし、清潔感のある水回りを長期的に維持出来ます。

 

 

水回りのコーティングの価格はどれくらい?自分で出来るの?

 

気になるのは価格ですよね。
そもそも自分で出来るのか?

 

自分で出来ればコストも削減出来ます。

 

水回り用のコーティング剤は主に二種類に分かれます。

フッ素コーティング

 

フッ素コーティングはいろんな素材に使用可能ですので、素人でも扱いやすいものと言われています

 

 

シリコンコーティング

 

シリコンコーティングはお風呂の浴槽、トイレの便器などへの使用に適しており、フッ素コーティングより耐久性が良いと言われています

 

使用する場所によってコーティングの種類を使い分けると仕上がりの完成度は高くなります。

 

使用方法は製品によって様々ですので、しっかり説明書は読みましょう!
自分で行うことは可能ですが、どうしてもムラが出来てしまうのが現状です。

 

フローリングは広く、コーティングも行いやすいかもしれませんが、水回りはお風呂場の浴槽やトイレの便器などの既に設置されてしまっている障害物があるので、素人の私たちにとっては難しいと思います。

 

業者に依頼し、プロに施工してもらえれば仕上がりも全く違いますし、市販のコーティング剤よりも耐久性に優れていますので綺麗に保つことが出来ます。

 

価格は範囲によって異なります。

 

ですので、こちらでフロアコーティングの価格をご説明しています。

 

自分で行うことは節約にもなりますが、余裕があれば業者に依頼することをおすすめします。

水回り(お風呂・キッチン)のコーティングを一括見積り

お風呂・キッチンの水回りコーティングをやろうか迷っているなら、
どのような種類・価格なのか確認しても良いと思います

 

あなたの地域のフロアコーティング業者を60秒で比較!

 

水回りコーティングで後悔したくない人はこちら


ホーム