新築のフロアコーティングを自分ですると大変?

経済的にフロアコーティングを自分ですると大変?

フロアコーティングを自分で行う方法とは?

最近流行っているDIY。

 

フロアコーティングをお考えの方もお金をかけず最安な方法として自分でやってみると思う方もいると思います。

 

そこで、自分が行うフロアコーティング方法を紹介しようと思います。

 

フロアコーティングをすればきれいな状態を保つことが出来ますし、日々の掃除も楽になりますよ。

 

準備するもの

・掃除機
・雑巾(多めに用意)
・中性洗剤
・養生テープ
・水(ぬるま湯)

 

まず準備段階として、掃除機をかけます。

 

フロアコーティング自分で 

 

それから、中性洗剤で拭き掃除を行い、水(ぬるま湯)で床についた洗剤を拭きとります。
この作業は2回行うことがおすすめです。

フローリングコーティング

 

それから水拭きをし、取り残しのホコリを取るための拭き掃除をします。
残ったホコリを完全に取り除く作業ですので、しっかり拭きましょう。
その後は水分が乾くまで待ちます。

 

最後にフローリングワックスを塗るための準備をします。

 

水分が乾いたら、養生テープで保護し扉をワックスから守りましょう。
貼り方が甘いと扉などにワックスがついてしまうのでしっかり保護して下さい。

 

 

準備段階が割と長いですよね・・・

 

 

私も思っていました。
掃除機をかけてワックスかければ良いだけだと・・・

 

 

しかしその場合、汚れを一緒にワックスを閉じ込めてしまうのです!
せっかくワックスをかけてキレイにするのですから、逆に汚してしまったら意味がないですよね。

 

準備はしっかり行いましょう。

 

 

次にフローリングのワックスの塗り方を紹介します。

 

キレイに塗るためには、基本的に2回塗ること。 

 

塗り方をイメージし、ワックスをかける順序を考えましょう。
ポイントとしては部屋の奥から塗って下さい。
手前から作業してしまうとワックスが乾くまで出られなく可能性ありますからね。

 

多少のムラがあるのは問題ありません。
ただ、範囲内を一気に塗る必要がありますので、1部屋につき最低2回は塗り分けると効率が良いでしょう。

 

 

最後はワックスの乾かし方です。

 

自然に乾くのを待つのが一番良いです。
しかし、急ぎたい場合もありますよね。
その場合は、しばらく置いてワックスが床が馴染み始めたらドライヤー・エアコン・扇風機などで乾かすことも可能です。

 

作業工程は以上です。

 

 

後は自分の家の床に合った塗料を使用することも大切です。

 

いろいろな種類のワックスやフロアコーティングがありますので、床に合わなかったり間違った塗料を使用すると、剥がれたりムラが発生してしまいます。

 

床に使われている材料によっても塗り方のコツはさまざまです。

 

自分でワックスやフロアコーティングを行うとリスクがあり、あまりおすすめ出来ないのです。

 

それでも自分で行う場合は塗料を調べ、知り合いに詳しい人がいるのなら、自分の家の床をチェックしてもらうといいでしょう。

 

 

可能であれば業者に頼むのも良いと思います。
やはり仕上がりは全く違います。

 

技術と経験があるので美しい仕上がりになりますし、キレイな状態を保つ期間も長いです。
毎回頻繁にワックスがけを自分で行うのは本当に大変です。

 

一度見積もりをしてもらってから、自分でするべきか検討されても良いと思います。

 

≪前のページへ


     

これがフロアコーティングの最安値がわかる方法

その願望叶えます。
 
全国対応しているフロアコーティング一括見積り!

 

迷っているなら、無料で今すぐ見積もりします。


ホーム